三和倶楽部厳選全国マニアック店

【第4回】マゾ女性を洗脳・獲得する方法 【投稿マニア倶楽部】より

※こちらは『投稿マニア倶楽部』シリーズからの特別出張版です。

特別寄稿◆Y(仮名・自己啓発セミナー主催者)

私(Y)は、現在も自ら「自己啓発セミナー」を主催し、「肉体的コンプレックスを解消するセッション」と称して、幾多の女性をSMプレイに誘い込んでいます。しかし、これは必ずしもセミナーの主催者にならなければできない方法ではないのです。初心者S男性でも、

「奥手な女性を狙う」
「今までずっと我慢してきたことに対する女性の愚痴を根気良く聞く」
「積極的になれば未来は変わる」とほのめかす。

この三点に留意すればきっと女性をSMの世界へと導くことができると思います。参考にしていただければ幸いです。

※過去記事はこちら
【第1回】【第2回】【第3回】


(4)-① 劣等感と信頼関係

でも、消極的な性格の人間なんて、この世の中にはいくらでもいます。大切なのは本人が、

「積極的になりたい」

と思っていることなんです。そう思っていなければ、自分を変えたいとも思わないし、見ず知らずの人間と関わり合いを持ちたいとも思いません。

blog0725a
※写真はイメージです

私が探しているのは、そういう、

「自分を変えたい」

と思っている、消極的な性格の女性です。もちろん、そういう女性のすべてがマゾというわけではありません。むしろ、彼女たちの大半はノーマルです。でも、彼女たちは変わりたいと思ってる。どうして、変わりたいと思っているのか? ここが重要です。

人並みになりたいというのが理由なら、私の探しているタイプではありません。積極的に生まれ変わることで、今まで我慢してきた状況から抜け出したい、あるいは周囲から注目されたいと思っている女性。それが、私の探しているタイプです。

なぜかというと、彼女たちの性体験が少ないのは、消極的な性格が災いして「我慢」をしてしまった結果だからです。つまり、我慢をしなくても構わない状況さえ作ってあげれば、彼女たちも積極的に行動するようになるのです。

blog0725b
※写真はイメージです

それでは、彼女たちが我慢しない状況を作るのには、どうすればいいのか? ここからが、私の腕の見せ所です。私がセミナーを通じて、このようなタイプの女性に出会った時に、最初にするのは、

「○○さん、今まで色んなことを我慢してきたでしょう?」

と声をかけることです。これは、セミナー参加者の大半に当てはまりますから、たいていの女性は、

「そうだ」

と答えてくれます。

そこで、私は今までどんなことを我慢してきたのかを、洗いざらい話させてしまいます。大半の女性は、

「我慢してきたことを話すことも我慢している」

状況ですから、色んな愚痴が一気に口を突いて出てきます。この愚痴の中に、恋愛や彼氏の話題が出てくるようでしたら脈ありです。その女性が、私に対して好意を持っている証拠だからです。

そこからセックスの話題に方向を変えることは、そう難しいことではありません。ただし、肉体関係に進むまでには、いくつかのハードルを越える必要があります。何しろ、今まであらゆる欲望を我慢して、世間の基準に自分を合わせて生きようとしてきた人たちですから、簡単に肉体関係まで進んでしまうことはまずないんですね。

blog0725c
※写真はイメージです

一番大切なのは信頼です。SMプレイでも、同じことはよく言われますよね? 私もこの意見に賛成です。ただし、普通の友達というニュアンスでの信頼関係では意味がない。どこかで上下関係を作っておく必要がある。そうしないとSMプレイに進めませんから。

そのためには、やはり今まで彼女たちが我慢してきたことを、辛抱強く聞いてあげる必要があります。よく、女性の愚痴を聞くことを面倒くさがる男性がいますけど、まずそういう男性に、この手の女性はなつかない。SMに限らず、女性に慕われる男性というのは、よほどハンサムでもない限り、ほぼ例外なく愚痴を聞くのが上手です。

それも、ただ聞いているだけではなくて、親身になってアドバイスするタイプがより好かれる。そうすることで、女性は、

「この人は私の力になってくれる」

と思うわけです。

名古屋03
※写真はイメージです

このアドバイスをする時にもコツがあって、上から目線で話をしたら、本当に親身になっていたとしても反発される可能性が高いです。むしろ、女性の意見がどんなに理不尽でも、最初は、

「そうだね」

と同意してあげないといけない。でも、ただ同意していたら女友達に愚痴を話すのと一緒になってしまいます。そこで、女性の我慢してきた話にすべて同意した上で、

「君の言うことは、すべてもっともだ。しかし、君がもう少し積極的だったっら事態は変わっていたかもしれないよ」

とほのめかしてあげるんです。

(つづく)


※Y氏の開催するセミナーへのお問合せ・取次ぎなどはいっさいお受けできません。

コメントする

三和出版新刊情報