三和倶楽部厳選全国マニアック店

読者モニターによる【マニアック風俗体験】 第8回【動画】

池袋 SMクラブ 【エレガンス】所属 はな編 

先日募集した読者モニターですが、多数の問い合わせ&応募をいただきました。ありがとうございます。
現在、各店舗様と読者の方との調整をしております。もうしばらくお待ち下さいませ。

さて、以前も書きましたが、この企画はブログ記者の風俗体験記ですが、マニアックな男性読者の視点でプレイをしてもらい、風俗の女の子の魅力を伝えようというモノです。

と言うことで、以前と同様に、三和出版より発行した雑誌【真性M奴隷図鑑2】より、読者体験レポートを紹介します。

イメージ的には、この動画のように、男性の欲望を叶える形でのプレイを撮影できればと思っております。
特に締切は設けませんので、体験希望の読者の方、メールをお送り下さい。

また年明け以降に、新しい体験取材を始めて行く予定です。
もう少々お待ちください。

IMG_2666


▲仕事のためにSM嬢をしていないはな。人前で性器を晒すことには未だに強い羞恥心があるようだ。

IMG_2703


▲パドル打擲の痕が生々しい乳房と太もも。牝奴隷は主の理不尽な打擲を堪えるしかないのだ。

IMG_2719


▲狸縛りで拘束し、お尻を中心にパドルで打擲する。豊満な尻肉がみるみる赤くなる様は見ていて楽しい。

IMG_2725


▲変態のはなは、女性器よりも肛門の方が感じるらしく、指の刺激で簡単に絶頂してしまう。

はな とのプレイ 

はなは仕事でSM嬢をしているわけではない。
むしろ、常にプレイをしていたいがために、この仕事を選んだと言って良いタイプのマゾヒストだ。

はなの話によると、家庭は厳格で性的な事柄が話題に上ることも厳しく禁じられていたそうだ。
そのくせに、何故か彼女の父親は彼女と一緒に入浴したがった。
性的虐待の危険性を感じ取ったはなが入浴を拒否すると、彼女の父親は荒れ狂ったそうだ。
だが、それ以上の事態に発展することはなく、それがかえってはなを実家から離れにくくしてしまったようだ。

ようやく、あらゆる言い訳を並べ立てることによって実家を離れ、独り暮らしが出来るようになった彼女は、
その反動で性的に放縦になった。
そして、昔からしたいと思っていたSMプレイを実際にするようになった。

そのはなが、まだ実家にいた頃に想像していたSMプレイとは「囚われのお姫様」のようなものだったそうだ。
どこかに監禁され、犯されるお姫様。
だが、今日の私はそれだけでプレイを済ますつもりはなかった。
私の目的は、ただはなを戒めるだけでなく、彼女に強い苦痛を味わわせることにあった。

 一通りのプロフィールを聞き終えた私はテーブルをどかし、はなにスカートを捲り上げさせた。
下着をつけてくるなと事前に命じてあったからだ。

「調教、宜しくお願いいたします。ご主人様のご命令通り、今日は下着を穿いてきませんでした」

はなが口上を述べ、命令通りの格好をしているのを確かめてから、
私は彼女の写真を撮り、服も脱がせ、麻縄で椅子に縛り付ける。
それから、革製のパドルで乳房と太股と股間を滅多打ちにする。
もちろん電マでクリトリスを刺激しながら、膣内にバイブを挿入することも忘れない。

「あーっ、駄目えっ!」

わざと緊縛に遊びを作っていたこともあり、はなは椅子の上で脚をばたつかせて絶叫した。
太股や股間が見る間に内出血で朱くなっていくが気にしない。
今日は彼女に痛みを与えると決めてきたからだ。
椅子上での責めが終わると、続いて私はベッドの上で彼女をタヌキ縛りに近い形で拘束した。
狙いは先ほど叩けなかった臀部と肛門への責めだ。
まず、膣穴と肛門にエレクトロエイリアンを挿入して電気責めを行うが、これは予想通りはなが耐えきった。
続いて豊満な臀部に容赦なくパドルを振り下ろし、同時にアヌスを指で貫いていく。

「だ、駄目っ! お尻が勝手に締まっちゃう! いやあっ!」
 
再びはなの口から絶叫が漏れだした。
それが私の嗜虐心を刺激する。
しかし、断続的に責めを続けていたら、彼女の身体が壊れてしまう。
仕方がないので、私は一時的にはなの拘束を解き、床上で四つん這いにさせた。

臀部や太股への加撃を休む代償として、鼻フックを引っかけ、顔を見にくく変形させた上で男根への奉仕を強要する。

「うむっ! むむむっ……」

鼻を釣り上げられ、口中に肉棒を押しこまれたことで呼吸困難に陥ったはなは苦悶するが、
下半身への責めの代償だと説明してフェラチオを続けさせる。
そして、遂に彼女が「もう、苦しいです」と泣き言を言ったのを見計らい、一本鞭を手に取った。

(はな編 その2に続く)


[広告] VPS

●関連リンク
池袋 真性SMクラブ『エレガンス』
●TEL 03-3988-9090
●エリア 池袋
●営業時間 11:00〜29:00
●料金 90分30000円〜
●モデル はな

コメントする

三和出版新刊情報