三和倶楽部厳選全国マニアック店

卑猥な言葉を落書きされ、全裸露出で奴隷のダンス。【前編】

※来る6月14日(木)『女装インモラルSEX オトコノコ大量射精』(B5・1800円)の発売に先駆けまして、特別に既刊『女装美少年たちの牝イキ調教ファイル』より、〈りょうこ〉さんのレポートをお届けいたします。


●アナル凌辱旅行(その1)

ryoko01
※りょうこ――22歳。自分の長身と容姿に強いコンプレックスを抱く美少年。女性らしく可愛らしい身体に憧れ、肉体改造願望を持つ。

奴隷名〈りょうこ〉と申します。両親からもらった男の名前は今はもう使っていません。むやみに背ばかり高くて、ちっとも可愛くない私だけれど、

「ご主人さまに悦んでいただけるオモチャになりたい」

と、いつもそう思っています。

ryoko03
▲チ○ポ穴に改造された肛門が、ロングディルドを根元まで呑み込んでいく。

私には「女の子になりたい」という願望はありません。私が女の子の格好をするのは、ご主人さまのオモチャでいたいからです。

ご主人さまのご命令は、ときどきすごく恥ずかしかったり、信じられないくらい辛かったりすることがあります。だけど〈りょうこ〉は、ご主人さまのオモチャだから、遊び方はご主人さまの自由です。

ryoko02

だから、その遊び方が〈りょうこ〉にとってすごく嬉しいことも、逆に泣きたくなってしまうような場合もあるのは仕方ありません。

ご主人様から、一緒に温泉旅行に連れて行っていただけると聞いた時には、すごく幸せでした。それが地方での「肛姦会」だと教えられるまでは、本当にウキウキしてしまって、はしゃぎ過ぎて叱られるくらいだったんです。

DSC00806

でも……「肛姦会」のお相手が、A様ご夫婦だと聞いたとき、逃げ出したくなりました。

(つづく)

コメントする

三和出版新刊情報