三和倶楽部厳選全国マニアック店

「あなた、許して!」 肛門を拡げられる変態快楽に狂う奴隷M妻たち

おかげさまで大好評いただいております、シリーズ第3弾『人妻陥落 美人妻不倫肛辱SM秘録』ですが、皆さまもうご覧いただきましたでしょうか?

本誌はアヌスをサディスト諸氏の手によって開発され、背徳のアクメから逃れられなくなった人妻たちの告白録です。

今日は2月28日更新の「『人妻陥落 美人妻不倫肛辱SM秘録』 発売しました!」に続き、気になる誌面を少し紹介いたします。

●CASE.04 綾子
ayako
▲アナルセックスで自分を解放した女実業家・綾子(仮名)

綾子さんはご主人とともに貿易会社を経営している奥様です。彼女はまさに夫唱婦随で会社を守ってきたつもりでしたが、ある日、旦那さまが社内の女子社員を愛人にしていること、そしてそれを知らないのは彼女だけ……「知らぬは女房ばかりなり」だったことに気がついてしまいます。

目の前が真っ暗になるほどの屈辱とショックで倒れそうだった綾子さんに、

「副社長の悲しみを、少しでも僕にも分けてください」

と囁いた部下の「K君」の腕の中にくずおれていった綾子さんは……。

●CASE.05 十和子
towako
▲五十路で出会った肛門性愛に溺れるセレブ妻・十和子(仮名)

何不自由のない生活を送ってきたセレブ夫人・十和子さんですが、実はご主人との営みでは「何となく気持ちいいかも……」と思うことはあっても、官能小説に出てくるような「めくるめくエクスタシー」というものを知らないまま、過ごしていました。

それでもお子さんにも恵まれ、穏やかな日々を過ごしていたのですが、ふとしたことから知り合った男性・S氏に「アナル絶頂」を教えられてしまいます。

「やっと君の性感帯を見つけたよ」

初めて涙ぐむほどのアクメを知った彼女はみずからS氏の肛門奴隷へと堕ちていったのです。

●CASE.06 恭子
kyoko
▲年下男性にアナル開発される美熟妻・恭子(仮名)

子供のころから「大きなお尻」にコンプレックスを抱いていた恭子さんは、パート先で知り合った5つ年下の彼に、

「君のお尻が好きなんだ」

と告白され、彼の望むことならどんな願望でも叶えてあげたい……と思うようになります。最初こそ彼の言うままだった彼女ですが、やがてお尻の快楽に目覚めてしまったことから、戻ることの出来ない背徳性愛にのめりこんでいくのです。

人妻たちは旦那さまを裏切っているという事実に苦しみながらも、夫婦の営みでは想像もつかなかったアヌスの悦びに溺れていきます。肛門性愛というマゾ絶頂に狂う、奴隷妻たちのリアルな痴態をぜひご覧くださいませ。

全国の書店で絶賛発売中です!

※こちらでちょこっと立ち読みが出来ます。サンプルムービーも公開中!

コメントする

三和出版新刊情報