三和倶楽部厳選全国マニアック店

【変態人妻】 高飛車なレースクィーンのM女の性 【敦美】 (後編)

◆元レースクィーンのM奥さま。温泉旅行でマゾ調教されてしまいました。(後編)

もっと敦美さん(仮名)を責めるために、今度はM字開脚の形に緊縛しました。野外での経験から、彼女は乳首が弱点だと分かっています。動けない状態にしておいてから、クリップの付いたローターを敦美さんの乳首に装着します。

atsumi06
▲逃げられないところを電マでオマ●コを刺激します。

こんな刺激は初めてなのでしょう。普通の状態の女性であれば、脚を閉じてしまうのに、敦美さんは逆に大きく脚を開いていくのです。乳首ローターとオマ●コへの電マの振動で、彼女は髪の毛を振り乱しながら悶えています。

atsumi05
▲縄の間に浮かんだオマ●コをいたぶります。部屋中にグチョグチョと淫猥な音が広がっていきました。

当初はレースクィーンのプライドからか、高飛車な態度をとっていましたが、M女の性が敦美さんの脳髄を支配していきます。彼女の潤んだ瞳が隆起したおち●ちんを物欲しげに見つめています。

atsumi04

敦美さんのフェラチオは絶品でした。このテクニックで、レースクィーン時代にはスポンサーやレーサー達を籠絡したのでしょうか。彼女の上目遣いがたまりません。

atsumi02
▲お待ちかねの挿入です。このおち●ちんはどうですか? バイブよりもずっと気持ちいいでしょう?

もういいでしょう。敦美さんを布団の上に転がし、バイブでさらなる快感を与えた後、彼女の大好きなおち●ちんを挿入しました。

atsumi01
▲「元」とはいえ、レースクィーンを後ろから犯すのは感慨深いものがあります。後背位も大好きなんでしょう?

貪欲なM女はみずから乳房を揉みしだき、オマ●コをヒクつくかせながら、マゾ絶頂へとのぼっていったのです。

(おわり)

コメントする

三和出版新刊情報