三和倶楽部厳選全国マニアック店

10月31日発売【素人投稿 家畜人ケイコ 第2章】より 【調教動画】

10月31日に発売が決まった、【家畜人ケイコ 第2章】のサンプル映像を紹介させて頂きます。

小  家畜人ケイコ 第2章
【家畜人ケイコ 第2章】の表紙です。

紹介する動画は、家畜人ケイコさんの所有者である筑紫氏(仮名)がネットで知り合った単独男性にケイコさんを貸し出した時の映像です。
ただ待ち合わせのホテルに、その単独男性は現れませんでした。
約束の時間から10分経ちました。30分経ちました。やがて1時間経ちました。
それでも約束をした単独男性は来ません。
困惑したケイコさんは、単独男性に責めてもらった記録を撮るためのカメラを使い、筑紫氏への報告用に自縛自慰を始めました。

この映像は一人で自分を縛り、アクメに達したあと『自分はタダでも使ってもらえない、惨めで無価値な最下層の家畜だ』と言う事実に押しつぶされしまい泣いてしまった映像です。

ケイコさんは敏感な肉体と、豊かな甘受性をもつ女性です。
家畜人である自分が存在する価値は、オマンコを使ってもらい、男性に、オチンチンに、ご奉仕をさせてもらう事だと知っている女性です。
そんなケイコさんが、最初は自嘲気味に客観視しながら、筑紫氏への報告をしています。
ですが何度もアクメを迎えたあと、無料でも使ってもらえない惨めな自分の気持ちを、押さえきれずに泣いています。泣きながらもアクメしてしまうのです。

嗚咽するケイコさんに真性マゾヒストのあわれを感じて、見ているこちらまで心が痛くなる映像ですが、同時にもっと泣かせたいと思ってしまう映像だと思います。
【家畜人ケイコ 第2章】の付録DVDには、このシーンの完全版が収録されているので、そちらもお楽しみ下さい。

DSC06144
筑紫氏への報告用に惨めな自分を記録するケイコさん。
DSC06155
ケイコさんは写真を撮りながら、また泣いてしまったそうです。

今回はケイコさんの真面目さというか、人となりがでている素晴らしい動画ですが、女性が感じて逝きまくるような艶っぽい映像ではありません。なので、次回はもう少し艶やかなダイジェスト映像を紹介予定です。

最後に、ケイコさんから、
『この日お会い出来なかったご主人様、もし機会を与えて頂けるなのなら、次は家畜のオマンコをお使い下さい』
と言うメッセージを頂いております。

コメントする

三和出版新刊情報