三和倶楽部厳選全国マニアック店

『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第5回】

皆さま、こんにちは! 普段はいたって真面目なサラリーマン、見た目普通の妻子ありアラフォー男Hでございます。

今回も『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】に引き続き、お送りいたします。

前回のポイントで説明した通り、単独女性さんもしくはカップルさんとコミュニケーションを深め、仲良くなることができましたか? そこまでいけましたら、さぁ、ここからが勝負です!!

ポイント5.チャンスは逃すな!

お相手の女性、カップル様と仲良くなり、いい雰囲気になりました。もしかしたら「思いがけない展開」に持っていけるかもしれない…そう感じたら、勇気を出して誘ってみましょう。

日常で女性を口説く時も全く同じだと思いますが、誘うタイミングというのは大変重要ですね。 早すぎてもダメですし、遅すぎても相手はもう醒めてしまってるかもしれないし……なので、自分で
「イケる!」
と感じた時に行くしかないのです。

例えば、こんな感じかな? 単独女性が相手だったら、

「貴女とは相性がとてもいいように感じるので、良かったら遊びませんか?」

カップルさんが相手だったら、

「とてもお話してて楽しいので、一緒に遊んでも楽しいと思います。いかがですか?」

ここは、自分なりの決めフレーズをある程度用意しておくといいかもしれませんね。まぁ…これも普通のデートと一緒でしょ?

ちなみに、カップルさんの場合は、遊ぶかどうかの判断は基本彼氏(男性)が持っていることがほとんどですので、こういう話はお2人に同時に話すようにしましょうね。彼女だけに話してしまうと、彼氏を無視して口説いていると勘違いされかねないですから……。

さぁ、相手からのお返事はいかがでした?

OK? NG?

OK \(^o^)/でしたら、こっちのもの!! 店員さんにプレイルームに入ること(展開すること)を告げ、必要な衛生用品(…お察しください)を受け取ったら、彼女をエスコートして部屋に向かいましょう。その時もグイグイ手を引くだけで無言……なんてもってのほかです。優しく話しかけるなどのコミュニケーションは忘れずに…。

残念ながらNGだった場合は、その本当の意味は何か理解することが重要です。

「遊ぶのは完全ダメなのか?」
「もう少し会話などのコミュニケーションを楽しみたいのか?」
「1回の誘いでOKというと軽くみられるから、もう一度誘われるのを待っているのか?」

女心は気まぐれです。NGの本当の意味を理解して、さらにコミュニケーションを深めれば、それがOK変わることだってあるかもしれないのです。

ただ、完全にダメだと判ったら、それ以上しつこく絡むのはご法度です。その時は、潔く、

「また機会がありましたらヨロシクです」

と挨拶して、ターゲットに向かいましょう。

ちなみに、あまり数は多くないかもしれませんが、女性もしくはカップルさんのほうから遊びに誘われることがあるかもしれません。その時は一切の躊躇無用です。喜んで参加すべきですね。

え?「好みのタイプでない???」

んー、実際そんなチャンスなんて滅多にないのに、なんともったいない…そういう方は、ハプバー遊びの基本を今一度理解すべきです。それは、

「その場にいるみんなと、できるだけ積極的交流する」

こと。例えば「思いがけない展開」がOKな女性が3人いたら、3人全員と展開するつもりで(あ、3人一緒にという意味ではありませんよ)……露骨な「○○ちゃん待ち」は、周りの人たちに大変失礼です!

実際にハプニングバーで見た話なんですが、ハプバーに初めて来たと思われる20代であろう色白女子にその場にいた男性全員がたかっておりました。他にも単独女性が3人きていたにも関わらず……その3人とコミュニケーションしている男性は残念ながらゼロ。女性陣は手持無沙汰で、ただ集まってお酒を飲むだけでした……。

私なんかは、こういう光景をみると、
「大チャンス!!」
と思いまして、喜んでその3人に話しかけますねぇ……だって、その方が「思いがけない展開」の確率高いでしょ?

自分の変なプライドは捨てて、貪欲にチャンスを掴みに行く人ほど、ハプバーを真底エンジョイできるのだと思いますよ。

チャンスさえ掴めば、あとは桃源郷の世界が……それはそれぞれのやり方で楽しんでくださいね。

え? 「思いがけない展開」のポイントは? って???

流石にそこは人それぞれなので、細かく説明するのは難しいのですが、最低限言えることは、相手の嗜好希望を最大限に尊重して頑張ることかなと……。

それを意識していれば、相手の方も最大限尽くしてくれるはずです。

次回は、ハプバーでのNGや心がけなどを、まとめ的にお話できればと思います。ご期待くださいませ。

※記事一覧のサムネイル画像はイメージです。

コメントする

三和出版新刊情報