三和倶楽部厳選全国マニアック店

『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第4回】

皆さま、こんにちは! 普段はいたって真面目なサラリーマン、見た目普通の妻子ありアラフォー男Hでございます。

今回も『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第1回】【第2回】【第3回】に引き続き、お送りいたします。

ポイント4.「思いがけない展開」をどう生み出す?

入店して、店内の様子や情報収集を行い、ターゲットを定めたのなら、「思いがけない展開」を目指して早速行動開始です!

ただ……正直、ここからは決まったパターンは無く、その時々の状況に応じた的確な判断や行動をとっていくしかありません。皆さんが、女性とデートするときだって多分そうですよね?

そのあたりのノウハウは「人間どうしが距離を縮めていく」という同じテーマなのですから、ほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。ただ、ハプニングバーの場合は、その相手がちょっとだけ遊びたい思いの強い(ハードルが低いかもしれない)女性だったり(逆の場合もありますよ!)、カップルさんだったりする……という違いだけなんです。

なので、日ごろ皆さんが女性を口説いている(?)経験を生かし、頑張って経験を積み重ねていくしかありません。けれども、

「え? そんなこと言われても… どうやっていいか分からないよ」

と仰る方もいらっしゃるかと思います。

そこで、まずは私の拙い経験から導き出された【ターゲット別チェックポイント】を参考にしていただけましたらと存じます。

【単独女性の場合】

単独女性の場合、ほとんどのハプニングバーで入店料が安価もしくは無料ということもあるので、いつでもお店に行きやすかったりします。それゆえお店に来る目的も人により様々です。

ということは、ターゲットの女性が「何を目的としてお店に来ているのか」を早めに確認しておく必要があります。

「男性陣と談笑だけでなく、色々遊びたいのか?」
「ただ飲みに来たのか?」 etc.

その中間の「もしも〝いい男性〟がいたら遊びたい!」という女性も結構いらっしゃる気もしますが、やはりミッション達成のためには、「色々遊びたい女性」と仲良くなったほうがいいでしょう。

それには「ポイント.3 ハプバー内でどうふるまえばいいの?」で説明した事前情報収集、およびコミュニケーションしながらそれを探っていくことが重要となるのです。

単独女性の場合は結構な割合で「飲んで話すだけでOK」もしくは「〝いい男性〟のハードルが大変に高い方」がいらっしゃる印象がありますので、その見極めは重要です。

ここでひとつ覚えておいていただきたいのですが、見極めと言いましても、

「うら若き美女はお高くてハードルが高い」
「(ルックスが)ちょっと残念な女性やオバさんはハードルが低い

というような思い込みは捨ててください。年齢容姿と、その女性が「何を目的としているか?」は連動していませんので、まずは勝手な先入観にとらわれず、意思の疎通をはかることから始めましょう。

【カップル様の場合】

ハブニングバーに来ているカップル様に関しては、ハブバー初心者でもない限り、店に来てただ飲んで談笑して帰るだけということは、あまり無いのではないでしょうか。「少し」なのか、はたまた「ガッツリ」なのかはカップル様によりますが、「思いがけない展開」を期待して来ている方がほとんどではないかと思います。

なので、単独男性にとって、前述の単独女性よりは展開への期待が高まるところなんではありますが、注意しなくてはいけないのはその期待が、

「単独男性を交えて楽しみたい」
「他に来ているカップル同士で楽しみたい」

どちらなのか? ということです。

どちらの目的で来ているは、カップルの彼氏様と色々話していると自ずと分かるかと思います。というか、他のカップル様目的であれば、単独男性はハナからあまり相手にしない(そんなことでめげちゃダメですよ!)ことが多いので、結構(悲しいくらい)分かりやすいです。

また、単独男性を交えて遊びたいカップル様の場合は、どういう遊び方をしたいのかもリサーチしておくといいでしょう。

・彼氏が寝取られ系で、彼女を多くの単独男性と次々に遊ばせたいのか?
・自分も参加して少数で遊びたいのか?

などです。それ以外にも様々なパターンがあるかと思いますが、そのあたりの意向が分かっていると、自分の可能性も判断しやすくなります。

まさかと思いますが、ここまで述べたチェックポイントを直接相手に聞くような野暮なことはしてはいけません。相手と話をし、コミュニケーションの中でさりげなく聞き出す/感じることが大切で、そのような高いコミュニケーション能力を磨くことが「思いがけない展開」に繋がるのです。

とはいえ、このようなコミュニケーションは必ずしもハプバーでなくとも、実は皆さんどこでもやっているはずです。特に難しく考えて構える必要はありません。

具体的には……

(1) まずは、気になるターゲットに、ドリンク片手に近づいて
(2)「はじめまして! ○○(名前)と申します。よろしくお願いします!」と、明るく声をかけて
(3) 乾杯する

ところからスタートしてみましょう。

(※注意)
名前は本名である必要はありません。お店の中だけで使うペンネーム的なもので結構です。ただ、1度名前を決めたら同じお店では皆さんに知っていただくために、その名前で通したほうが、良いと思います。

もしも、相手が笑顔で、

「こちらこそよろしく!!」

と乾杯してくれたらこっちのものです。色々な話題で話を盛り上げつつ、隣の席が空いていれば、

おとなり座っていいですか?」

などと、うまく物理的な距離も近づけながらコミュニケーションを深めつつ、情報も収集しつつ、自然な形でそういう雰囲気にもっていけるよう頑張りましょう。

ここで大事なのは、あくまでもさり気なく……ということです。ハプニングバーで結構見かけるのですが、会話中に割り込んだり「俺が俺が……!」」というような振る舞いをする人は問題外です。そのうち、誰も近づかなくなります。

正直5分や10分のコミュニケーションで次のステップにいけるという場合は稀だと思います。30分~1時間くらいかけてコミュニケーションを深める中で、

「この人だったら楽しく遊べるかも……」

と思わせたらこっちのものです。その雰囲気やサインを見逃さず「いける!」と確信を得たのであれば、と勇気を出して「思いがけない展開」に誘ってみましょう。

そのあたりの詳細は次のポイントで説明したいと思います。

あ、【基礎編】で述べたものの繰り返しになりますが、カップル様とコミュニケーションする場合は、基本彼氏の許可なく彼女にアプローチするのはNGですよ。その点にはくれぐれもご注意ください!

さて、次回は『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第5回】「チャンスは逃すな!」です。ご期待くださいませ。

※記事一覧のサムネイル画像はイメージです。

コメントする

三和出版新刊情報