三和倶楽部厳選全国マニアック店

恐れ入ります、すみません【第一回】 ~性教育は正確に願います~

さかき藍さまに、女学生時代の思い出を書いて頂きました。数回にわけて、掲載させて頂きます。

 

月明かりに照らされたマリア像を望む中庭を見ながら、寮監の見回りをかいくぐり、皆の寝静まった夜に血を流しながら肌を貪り合う乙女が二人。

ごきげんよう。
私、さかき藍(あおい)と申します。
SMに限らず変態の世界にいらっしゃる紳士淑女の皆様に、18年ほどSM倶楽部で働いている私の・・・ちょっと楽しくてイカガワシイ、女子高生時代のお話をご披露しようかと思います。

そもそも、私、SM的な行為をずっと“世間的な、いわゆるセックス”だと思い込んで18歳まで生きてきました。

今更ながら正しい性教育をちゃんとしてほしかった、と国のお偉いさん方に言いたいくらいの黒歴史です。
だって、女の子が痛くて血を流して、だけど気持ちいいっていうのが性交だって教わったんですよ。
相手の子は傷だらけで血を流して、私は気持ちいい。

まぁ、思いましたよ。

“私、処女じゃない”ってね。

この赤っ恥は大学生になるまで続くわけですが、そんな勘違いしていた頃の高校時代の面白エピソードをこれから数回に分けてご紹介したいなと思います。

詳しくは後ほど(後ほどがあるのかはさておき)話しますが、私の家には昔から柔らかい縄、いわゆる日本古来からの麻縄がたくさんありました。
もちろん、日本刀と同様に子どもが勝手に触ってはいけないものですけれどもね。
ですが、私はよく弟を縛っては“縄抜けごっこ”をして遊んだりしていたものです。
不思議と手首にかけては手錠縛りになるし、上体は後手縛りに近い形になります。
縄を解いて抜けようとする体の動きを封じるように掛けていくと自然にそういう形になるっていうのは、緊縛師を目指して弟子入りした今では本当に奇妙な感じというか、変に納得したのは別のお話。

そんな私の人生物語ですが、そもそもみんなからまず言われるのは、なんでセックスをSMと勘違いしたんだっていう単純な疑問。
これは冗談じゃなくて、至極真面目に間違っていたんです。
(真面目に間違うとか日本語がおかしいけど)
だって、失楽園っていう映画ありますよね。渡辺淳一さん原作の。
友達と観た映画館で、私と友人は「なんて変態的な映画なんだろう!」って驚愕したんです。
男女のまぐわいを理解していなかった田舎の乙女が二人、映画館で打ちのめされたんですね。なんせセックスは傷つけあうものだ、みたいなことを彼女と私は信じていたのです。

で、出た結論は「世間的に話題になるほど、逸脱した行為だから映画になった」。

せめてもう一人、この私たちの出した結論を訂正してくれる人がいれば別だったのかもしれませんが、それは後の祭り。
私も彼女も自分たちの行為について振り返ることなく、いわゆる世間で言う性交を変態行為と認識してしまったのです。

それもこれも、性教育に問題があるんじゃないかと思います。

いえ、そういうことにしたい。

単なる私の願望というか、そうであってほしいってだけなんですけどね。

私の家は、テレビでキスシーンが流れるとチャンネルを即座に変更されていました。
だから、子どもながらにキスシーンは見てはいけないもの、大人のすることって思い、そしてそれが高じて中学生の時には「キス=妊娠」みたいに考えるようになってました。
(そして決してラブシーンではないというところに注目)
中学生も2年になると上級生と付き合う友達がいたり、先生に憧れて告白したり(当然玉砕)するようになって、自然とこんなことした、あんなことした、なんて話が耳に入ってくるようになります。

ところが。
私は女子ばかり追いかけていたので、男子と付き合ったり別れたりと繰り返す女子たちとはほとんど交流がなかったんです。
ラブレターを貰っても、男子からのは興味がない。
そんな私の偏った脳に飛び込んできたのは、破瓜の時、女性は処女膜が破れて痛くて、血が出る。だけどセックスは気持ちが良いものだ、というものでした。
保健体育の時間に子宮の図や陰茎の図(輪切りになってるあれです)を見てはいたのですが、全然実感がわかない。というよりも、陰茎が膣の中に挿入されて射精なんて考えもしないわけです。
イメージは鮭の産卵。
メスが卵を産んだ部分にオスが精液を振りかけるアレです。
キスをしたら排卵するって私の脳みそはどんどんと違う方向へ認識を深めていったのでした。ああ、げに恐ろしき中学時代。

そういう勘違いを正してくれる性教育があったならば、きっと私の人生はもっと違うものになっていた・・・かもしれません。
いいえ、今の私の人生後悔なんてしてないんですけれどもね。

そうして勘違いした私は、カトリック系の女子高に進学し、学内にある寄宿舎に住むことになります。
修道院も寮内も女子ばかり。そして新入生は奴隷のような立場になるという、完全縦社会でした。そこに放り込まれた私がまずとった行動は、新入生にもかかわらず、上級生よりも権力を手に入れる、ということ。

というわけで、次回はそんな私の下剋上エピソードをお送りしたいと思います。
下衆なお話で、恐れ入ります、すみません☆
 


2

さかき藍(あおい)
1999年にSM業界に入り、今年で18年目。
2005年SMショーデビュー。
女王様の傍ら、緊縛師を目指して2011年、青山夏樹に弟子入り。
好きなプレイはゆっくりと苦痛を与えること。
好む道具は縄と鋸と鞭。
Twitter:@aoi1913
Blog:http://aoi1913.blog.fc2.com/
Mail:aoi1913@yahoo.co.jp

コメントする

三和出版新刊情報