三和倶楽部厳選全国マニアック店

『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第2回】

皆さま、こんにちは! 普段はいたって真面目なサラリーマン、見た目普通の妻子ありアラフォー男Hでございます。

皆さま【第1回】を読んでいただき、ちゃんと目的のハプニングバーに入店できましたでしょうか?

無事入店できたのでしたら第一関門通過! いよいよ店内に潜入(?)です。それでは、実際にハプバーで楽しむためのポイントを、引き続き説明していきましょう。

ポイント2.ハプバーの店内はどうなってるの?

前回の「ポイント1.ハプニングバーってどこにあるの? どうやって入るの?」で説明した各種チェックを経て、この人は入店して問題ないと判断されたら、入店料を支払い、入店となります。

初めての来店の場合、それに加え入会金を支払う必要がある場合がほとんどなのですが、お店のHPに入会金無料/割引クーポンがあったり、期間限定でキャンペーンをやっていることもありますので、そういうものを活用するとお得です。(参照:『ハプニングバーのススメーー基礎編 【最終回】 Q1. 「ハプバー遊びって、どのくらいのお金がかかるの?」』)

また、ほとんどのハプバーはポッキリ料金ですので、入店時にお金を払えば店内でそれ以上のお金を使うことがありません(基本フリードリンク)。そういう面でも、ハプバーは安心して遊べる場所なんです。

入店が済みましたら、ほとんどのハプバーではまず最初にスタッフさんが店内の案内、そして各種注意事項の説明を行ってくれるかと思います。色々とマナールールが定められていることが多いハプバーにおいては、これはある意味必須とも言えるでしょう。

前回の繰り返しになりますが、逆に言うと、これらの説明を最初にきちんとしてくれるかどうかということが、そのお店レベル(店内の雰囲気を守ろうとする真剣度)を見るひとつの判断基準になるかもしれません。

ほとんどのハプバーの店内は、バーカウンターやソファ&テーブル、フロアなどで構成されており、一見した限りでは、スナックやバーなど一般の飲食店とそう変わりありません。しかし、まったく同じという訳ではなく、一般の飲食店には無いハプバーならではの設備は、以下のようなものになります。

(1) ロッカールーム
ほとんどのハプバーでは、まず最初にロッカールームに案内されるかと思います。なぜなら、店内では、携帯電話(スマホ)などの使用、およびお客様同士での連絡先交換は厳禁となっているため、そのような荷物をロッカーにしまっておく必要があるからです。

また、前述の通り、店内では基本現金を使うことはありませんので、財布などの貴重品も同じロッカーにしまうことになります。当然ロッカーはひとりひとりに用意されていますので、その点は安心です。要するに、店内で使用しないものはすべてロッカーにしまっておくと理解しておけば良いでしょう。

例えば、店内でコスチュームに着替えて楽しみたい場合、そういう着替えもロッカールームで行うことが多いですね。なので、ロッカールームは男女別となっています。

また、携帯チェックはロッカールーム内でのみ許されており、フロア内に電話持ち込むことはNGですので、そこはゆめゆめご注意のほどを。

(2) プレイルーム
ハプバーの一番の醍醐味である「思いがけない展開」!! その展開に対応するため、ほとんどのハプバーにはプレイルームが用意されています。

形態はお店により様々で、別室となっているだけではなく、別の階にあったりすることもあります。逆に、別室ではなくカーテンなどで区切っただけの〝プレイスペース〟のような場合、また中には、いざ「そういう展開」になったらソファを動かして……というようなお店もありました。

プレイルームを使用する際には、必ずスタッフに許可をもらう必要があります。このあたりの詳細は、ハプバーでもっとも重要なところなので(笑)、最初のお店の案内でスタッフの方が細かく説明してくれるかとは思いますが、いざという時に慌てないよう、その場所、入り方などはちゃんと事前にちゃんと把握しておきましょう。

ちなみに「思いがけない展開」に必要な各種使い捨て衛生用品(お察しください……)は、プレイルームに備え付けられていることがほとんどですが、部屋に入る際にスタッフから渡されるケースもあるようです。

焦る気持ちはわかりますが、プレイルームに入る前にきちんとスタッフに確認しておきましょう。でないと、展開途中でやむなく中断(涙)みたいなことも起こりえます。

「備えあれば憂いなし」ということです!!

(3) シャワールーム
心置きなく「思いがけない展開」を楽しむためには、お互いにキレイな身体でいたいですよね? まぁ、それが最低限のマナーとも言えますので、ハプバーにはシャワールームが備えられていることがほとんどです。

中には、人ひとりやっと入れるくらいの仮設式のものだったお店もありますが、一般的には、普通のマンションにあるようなユニットバス備え付けのお風呂場みたいな形が多いです。

シャワールームを使用する際にも、必ずスタッフに一言伝えてOKをもらいましょう。許可がもらえれば、お店のスタッフがバスタオルを渡してくれる or その在処を教えてくれます。自分でバスタオルなどを持参しなくてはいけないお店は、私の知る限りは無いはずです。

ルーム内には、ボディソープ・シャンプー&リンスなどはもちろん、歯ブラシ、マウスウォッシュなども用意されていたりしますので、これからの相手に失礼の無いよう、可能な限りキレイにしておきましょう。特に、よく使う(と期待される)部分は念入りに……(笑)。

シャワーが終わるとプレイルームに移動して……ということになるのですが、その時に悩むのが「シャワー後に今一度服を着るのか?」ということです。

これに関しては、プレイルームまでの距離も関係してきますし、ルールお店ごとに違ってきますので、不安であれば、これまたシャワー前に1度スタッフに確認しておくのがベターです。

(4) SMプレイ用設備
基礎編で説明しました、SM系ハプニングバーには、SMプレイに使う設備があります。例えば、吊り床や各種責め用設備、そして小道具としての麻縄、鞭、目隠し、バイブ etc…..

どうぐ
▲例えばこんな感じです(※写真はイメージです)

これらの設備は、いかにSM経験者で普段使い慣れているといえども、スタッフの許可なしに使用することは厳禁です。初心者がふざけ半分で使うなんてもってのほか!! そういう人は、下手するとお店を出入り禁止になることもあります。

基本こういうものは、初めて行くお店では使えないと思っておいたほうが良いでしょう。小道具などを借りるにしても、スタッフに使用方法・注意点などを聞いて、許可を得た上で使うようにしましょう。ちなみに、これらを使って怪我などしても、それは自己責任です。特に縛りなどは生半可な知識で面白半分に行うことの無いようお願いしておきます。

以上、代表的なハプバー内の設備を説明しましたが、お店によっては他にも色々用意されていたりもします。もし、不明な設備や使い方が分からないものがあれば、遠慮なくスタッフに質問しましょう。皆さんが心からハプバー遊びを楽しめるよう、優しく説明してくれるはずです。

さて、次回は『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第3回】「ハプバー内でどうふるまえばいいの?」です。ご期待くださいませ。

※記事一覧のサムネイル画像はイメージです。

コメントする

三和出版新刊情報