三和倶楽部厳選全国マニアック店

『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第1回】

皆さま、こんにちは! 普段はいたって真面目なサラリーマン、見た目普通の妻子ありアラフォー男Hでございます。

ここまで4回にわたって連載させていただきました『ハプニングバーのススメーー基礎編』【第1回】【第2回】【第3回】【最終回】は、皆さまお読みいただけましたでしょうか?

ハプニングバー未経験者であっても「ハプバーとはどういうものなのか」を、ある程度ご理解いただけたのではないかと思います。また「自分が行くならこういうタイプのハプバーだな!」と見通しがついた方もいらっしゃるのではないかと思います。

……もしも『ハプニングバーのススメーー基礎編』まだお読みでない方は、まずはそちらをお読みいただけましたら……そのほうが、ここからの文章はより理解しやすいと思いますよ。

今回からは、基礎編をお読みいただいて、

「よし! 私もハプバーに行ってみるぞ!」
「俺はこのハプバーに行くんだ!」

と固く決心されたエロい皆様のために、実際にハプバーに行った時にどうすればいいのか? 基本的な手順・心構え・お作法などについて『ハプニングバーで楽しもう! 実践編』として、いくつかの大事なポイントに分けてご説明していきたいと思います。

ポイント1.ハプニングバーってどこにあるの? どうやって入るの?

初めてハプバーに行く時は、出来る限り事前にお店電話をして、場所を確認してから向かいましょう。なぜなら、ホームページなどの情報だけで、場所を特定しお店に辿り着くことはまず不可能だからです。

ハプバーはたいてい人目につかない大変わかりにくいところにありますし、お店の入り口に店名などの看板が掲げられていることもほとんどありません。

また、お店の性質上(お察しくださいww)、連絡ナシでいきなりお客さんがやってくるのを好ましく思っていない場合がほとんどです。

そのため、ハプニングバーに行かれる際には、掲示板や電話などで必ず来店予告kされた上で行かれることをお勧めします。
(※不安な方はTEL番号は非通知でも大丈夫です。もっとも「電話したのになぜ来ないんだ!」などということは決してありませんのでご安心を)

……さぁ、そんなこんなでハプバーの入り口に到着しました!

お店の入り口の扉には、呼び鈴かインターフォンみたいなものがついていますので、まずはそれを押しましょう。

そうすると、店員さんが扉を開けてお店の中に案内してくれます。ただ入り口からは、まだ店内の様子を覗うことはできず、まずは受付カウンターのようなところに案内されます。まずは、そこでお店の中にふさわしい人なのかの確認と身分証チェックが行われる訳です。

ハプニングバーの店員さんは、初めて来た人が「自分のお店の遊びにふさわしい人かどうか」をココできちんと確認します。

なぜなら、男女ともふさわしくない人が1人来店するだけで、下手すると店の雰囲気が台無しになってしまうからです(例:泥酔者)。ですので、見た目と第一印象は結構大事です!

お見合いではありませんので、服装は必ずしもスーツである必要はないのですが、奇天烈もしくは怪しい格好(どんなや?)とか最初から裸(笑)は避けたほうがいいですね……。

よく言われることですが、普通に「清潔感のある服装」なら大丈夫です。あまりにもヨレヨレの首が伸びたTシャツ、Yシャツに汚れの首輪が着いている、穴のあいたスニーカーなどはNGですよ。

もちろん肩にフケが浮いている、爪の先が真っ黒、いかにも何日も入浴していないのが丸分かり……などは論外です。不安な方は来店前に、ドラッグストアで売っている汗拭きシートなどで身体を拭いて、少しさっぱりすると尚良いかもしれません。

見た目確認が終われば、初めての来店者(多くは男性のみ)には免許証や保険証などの身分証提示が求められます。

詳細はお店によって違いますが、2種類のIDを求められたり、コピーされたりすることもあります。お店指定の身分証を持っていかないと門前払いされてしまいますので、何が必要かは事前にお店のホームぺージなどで確認しておいたほうが良いでしょう。

ほとんどのハプバーは、このようにお店のイメージと秘密(?)を守るために、ここまできっちりと確認しているのです。逆に言うと、ここまで確認しているからこそ、お店の雰囲気が維持されて「思いがけない展開」を楽しめるのだとも言えるのでしょう。

さて、次回は『ハプニングバーで楽しもう!ーー実践編』 【第2回】「ハプバーの店内はどうなってるの?」です。ご期待くださいませ。

※記事一覧のサムネイル画像はイメージです。

コメントする

三和出版新刊情報