三和倶楽部厳選全国マニアック店
HOME > カテゴリ [ イラスト&テキスト ] 一覧
これを描きたいって思ったんです。【ナナとカオル】作者 甘詰留太氏推薦!

「S男子は絶対にモテる!!!」

そう断言した女流縛師の荊子さんが、
初心者S男性のために、とても簡単な縛り方の基礎技術と、
被虐的なプレイに惹かれる女性のM的な心理を、
とても解りやすく、丁寧に解説した雑誌、
【マゾ絶頂に女性を導く緊縛方法とその実践】が、4月14日に発売されます。
続きを読む

SMカルテ通信 vol8 番外編  【蝋人形の館 バルセロナ滞在記】
前回と同様に、ROYさんから送ってもらった旅レポです。メールによると、
『普通の観光のつもりでいきましたが思いのほかエロ目線でいろんなものをみてしまいました』とのことです。

カタルーニャ広場から海へ向かって、ランブラス通を南下していくと、左手に宝くじ売り場のような小さな小屋が目にはいる。

IMG_20170217_172320

屋根の上には、「MUSEU DE CERA WAX MUSEUM」という看板があるところをみると、どこかのミュージアムのチケット売り場なのだろう。けれど、肝心のミュージアムが見当たらない。周辺を見渡すと、少しはなれた場所に「MUSEU DE CERA」という文字が掲げられた、狭い路地が見つかった。 続きを読む

真・エゴイストのつぶやき 第12回【エルメスのリボン】

久しぶりに穂積さんから、原稿が届きましたので、掲載します。


 

【比翼連理】

彼女とは互いに一瞬で引き合うものを感じた。

ケージの中でまんまるい瞳でわたしをずっと追っている彼女の視線をわたしは肌で感じていた。
そして三度目の面会で彼女を迎えることを決意したのだ。

続きを読む

お待たせいたしました~左母次郎先生です!『牝犬物語』 【第2話】

私の犬としての生活はこんなふうだ。

朝、ご主人様を起こすところから一日がはじまる。
普通なら朝食の支度をするのだろうが、それはご主人様がしてくれる。
メニューは決まって目玉焼きにトースト、私にはドッグフードだ。
ご主人様が会社に出かけたら一日することがない。ひたすら待つだけだ。
いくら退屈でもテレビを見たり本を読んだりはしない。
ご主人様が見ていなくても、私は忠実な犬でありたい。
夜、ご主人様が帰って来たら思い切り甘える。疲れた彼を癒してあげるのが私の役目であり、喜びなのだ。
続きを読む

真・エゴイストのつぶやき  第11回 【奇妙な日々】

久しぶりに穂積さんから、原稿が届きましたので、掲載します。


 

【平行な世界】

2015年10月××日、明日は半年前から予約していた某店で松茸を堪能できる日だ。

このところお互い新しい生活を控え束の間の待機期間である彼とわたしは、不思議なほど共に時間を過ごしていた。
朝家族を送り出すと我が家にきて何をするともなく一緒に過ごし、夕方彼は子供たちの世話をするため一旦帰宅する。
そしてまた戻ってきて明け方までお互い気ままに寝起きする。
そんな生活が続いていた。
続きを読む

SMカルテ通信 vol7 番外編  【バルセロナの秘宝館に行ってきた】

前回と同様に、ROYさんから送ってもらった旅レポです。
メールによると、
『普通の観光のつもりでいきましたが、思いのほかエロ目線でいろんなものをみてしまいました』
とのことです。


2月中旬から、スペインはバルセロナに行ってきた。
デシグアルというファッションブランドの虜になり、スペインバル飯やサングリアにハマって以来、ずっといつかいきたいと願っていた街だ。

続きを読む

SMカルテ通信 vol6 番外編  【熱海秘宝館に行ってきた】

久しぶりにROYさんからメールが届きました。
内容は近況報告をかねてた旅レポの原稿が書かれていました。
そこで今回と次回はSMカルテ通信番外編の旅行記をお送りさせて頂きます。


2月の始めに、SMの先輩に案内していただき、熱海の秘宝館に行ってきた。

ち○こ頭の亀さんがそこら中でお出迎えしてくれる館内は、薄暗く時々ビクッ(※注1)とさせられながらも、卑猥な映像画像、噂の春画! 満載な大人の遊園地だった。

続きを読む

左母次郎先生、新連載! 『牝犬物語』 【第1話】

「ただいま、ポチ」
 会社からご主人様が帰ってきた。私は玄関で待ち構えていてじゃれつく。
「わん、わん」
「こらこら、歩けないじゃないか」

 ご主人様は笑いながら私の頭を撫でる。そして鞄からペットショップの包みを取り出した。私へのプレゼントだ。開けてみると、新しい首輪が入っていた。嬉しい。
「結婚記念日だからな」
 ご主人様は私に濃厚なキスをしてくれた。 
続きを読む

妄想怪談話【第5話 理科準備室】

 ぼくがこの学校に転校してきたのは5年生の時だった。それまではK県の海沿いの街にいたんだけど、お父さんの仕事の都合で引っ越して来たんだ。

 初めて学校に来た日、ぼくは不安でいっぱいだった。じつを言うと、ぼくは前の学校でひどいいじめを受けていたんだ。学校に行くのがいやでいやでたまらなかった。一度いじめられると臆病になってしまう。今度の学校でも、また同じ目にあってしまうんじゃないかと…。
続きを読む

本日発売!『ディストピアへようこそ! ! どうして馬鹿は理想郷を作ろうとして、大量虐殺に手を染めるのか?』

全国一千万人のディストピアマニアの皆様、お待たせいたしました。

2015年9月に発売し、ご好評をいただきました『本当はやってはいけない刑罰マニュアル』の流れを汲む『ディストピアへようこそ! ! どうして馬鹿は理想郷を作ろうとして、大量虐殺に手を染めるのか?』が、ついに本日1月17日に発売になりました!

今回のテーマは、ずばり「反理想郷(ディストピア)」です。
続きを読む

『縛られたい貴方のための緊縛レッスン』本日(11/29)発売です!

まだ縛られたことがない方にも、緊縛上級者にも必ず役立ちます!

全国1千万人の「緊縛”されたい”」皆さま、お待たせいたしました。

『縛られたい貴方のための緊縛レッスン』が、本日発売になりました。
続きを読む

つれづれなるままに いやらし【第三回 模型】

今回は美容師の私の長年のお客様(歴14年)であり、飲み友(歴5年)でもあるツワモノ主婦のお話。

キツネ顔の細い女性って、男性ウケしますよね? 私も綺麗な女性大好きなので、いつもドキドキしながら接客させて頂いてました。

長く務めていたお店を辞める際に、ついてきてくれたお客様なんですが、フリーになってから深く踏み込んで話をするようになり、そこからとても仲良くなり約束して一緒に飲む様になったんです。

そうしたらもう、酔うと女王様に変身で、周りにいる知らない男性に声かけたり、

「何飲むの? 選んであげよーか?」

とか、ほんと面白い酔い方で、こーゆーキャラ、有りなんだなと、目からウロコだったわけです。

続きを読む

妄想怪談話【第3話 人食い跳び箱】

日曜日の午後。千恵子は足取りも重く学校へ向かっていた。

「やだなあ」

運動会の障害物リレーの選手にされてしまったのだ。
体育が大の苦手なのに。
コースの途中にある跳び箱が最大の難関だ。
むり、と言ったところで誰も取り合ってくれなかった。

続きを読む

三和出版新刊情報